うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

0.5gの大きさ

スポンサーリンク

今週のお題好きなおやつ」との事ですが、そりゃあ勿論ミルワーム(隊員のですよ)ですな。
初夏に購入したミルワームが成虫になり産卵し、現在それが孵化したやつがじわじわ成長しています。せいぜい1~1.5cmくらいで食べではなさそうですが、それでも隊員たちの目の色は変わり激しい争奪戦になります。

🐤 隊員の長生きのため、ぐっと我慢(飼い主の鉄の意思が必要)

ここ暫く産卵抑制が上手くいっているし、冬毛に変わりつつある&朝方の気温が結構低くなってきたので、エネルギー不足にならないようちょっとだけ餌を増量(0.5g)したり、ミニミルワームをちょっとだけあげてみた所…
また卵を産んでしまいました…○| ̄|_ガクー くぅ~そっちに栄養使ってしまったか😭 入ってしまった産卵スイッチ、早いとこOFFらないといけません…。

シナモン色のヒメウズラ
スイッチ入ってしまったのはこの方…

クリーム色のヒメウズラ
とこの方です…は~全くもう…

ヒメウズラの卵

右はまめ師匠、左の二つはとくちゃんのです。久々なので表面ピカピカの良い卵ですが、栄養が少ないため小ぶりです、ちょっとでも栄養に余剰が出来ると卵に使ってしまうんですね…
たった0.5gでも体重が平均およそ50~55gのヒメウズラにとっては大きな違いなんですな。餌のせいだけではないかもしれません、最近日中の気温が高いのも関係あるかもです。ともあれ餌の量を元に戻す&オヤツSTOPで暫く様子を見ます。

餌を食べるヒメウズラ
ほとんど食べ切ったゴハンのなけなしの残りを一所懸命ついばむまめ師匠
卵さえ出来なきゃオヤツあげるんだがなあ…
夕方、お腹を触ってみた所…卵がありそうですね、夜中に出てくるかもしれません

つついてくるヒメウズラ
夕方の時点ではお腹に卵の気配なし、明日は産まないでくれよ~とくちゃん
とく『オヤツはーーーー??』

給餌量を減らすと、目が合う度に『ゴハンは?ゴハンは?ゴハンは?』と訴えかけられるので、『こんな腹ペコそうなのに食べさせなくて大丈夫なのだろうか?』と心配になりつい餌をあげそうになってしまいます。が、そこをぐっと我慢!そして毎朝夕の体重チェックで安定していると、卵を産む事もなく安心です。
寒さ対策の餌増量は昼間の気温がもう少し下がってからでも良さそうです。

🐤 おまけの植物

椿の大木の剪定
半分になったデカ椿

先日チャドクガ幼虫グループをひとつ退治しましたが、数日後二つ目のグループを葉っぱの裏に発見しそれも殲滅しました。きっとまだ居るでしょう…このデカ椿に接近し隅々まで目視チェックするのは危険(どこから毒針毛が飛んでくるかわからない)なのでどうしようか考えあぐねていたら、命知らずの家族の一人が根元近くで二股になっている一本の幹を切り倒してくれました。毛虫が蛾になってどこかに行ったタイミングで切ろうと思っていましたが、あのカイカイ地獄を知らないというのは強いですね、木を切っている間に振動で刺激された毛虫が毒針毛を飛ばしてくるんじゃないかとヒヤヒヤしました。
半分になりがぜん手入れしやすくなりましたね、早速農薬散布し、数日様子を見てから上部をカットし3m以下に揃えたいと思います。これでチャドクガ被害が無くなりますように🙏。
uzurabanashi.hatenablog.com

土手かぼちゃ
ベランダのドテカボ壱号をカット、見た目は悪くないですが煮物にしたら水っぽくイマイチでした。
まだ半分あるので蒸し焼きにしてみようと思います。

ドテカボ壱号
やっぱり直射日光不足だったかな?成長が不十分だったようです

にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村


ウズラランキング