うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

嘴打ち(はしうち)からの… 🐣

第二班が17日目、孵化予定日になりました。
前回の話↓
uzurabanashi.hatenablog.com

🐤

昨日の午後から17日目に突入しましたが何の変化もないので、19:00ごろマジマジと卵を観察するとごく小さいヒビが入っているのに気づきました、いよいよ『嘴打ち』開始です。
ヒヨコが卵の殻を割って外気を肺に吸い込みます、この辺りから約24時間かけて残りの卵黄をおなかに取りこむそうです。ヒヨコは卵の中で横回転しながら気室の境目に沿って殻を割り、最後に蓋を押し開けるようにして脱出します。嘴打ち開始から脱出までの時間は個体によってまちまちなので予想不可です。
一晩明けてもヒビは小さいままなので、前回のように『死籠り』になってないよな…と不安がよぎる。暫くして時々ピ―ピー鳴く声が聞こえるので、まだ雛は生きているようだが…。

ヒメウズラの卵
そして昼ごろひとつの卵がユラユラ揺れ始め
あっという間にヒビが広がりました

ヒメウズラの孵化
あまりにユラユラ転がるので一度位置調整しました
両隣の卵も微妙に動いています、孵化ラッシュ?

ヒメウズラの孵化
頭が出てきました

ヒメウズラの孵化
黄色いヒヨコです

ヒメウズラの孵化
頑張ったな~


足で豪快に殻を蹴っ飛ばして外した後
ヨロヨロ七転八倒大暴れで隣の卵にボディアタックし始め、
置いとくとぶつかられた他の卵が死籠りしそうなので
急いで育雛箱に移動させました

ヒメウズラのヒヨコ
育雛箱の壱号、2時間もするとヨタヨタ歩くように

ヒメウズラの孵化
壱号に遅れること約4時間、ボディアタックをくらった隣の卵が
急激にひび割れ拡大してる事に気付く

ヒメウズラの孵化
壱号より割れペースが早い
左は壱号の抜け殻

ヒメウズラの孵化
もりっと出てきました、また黄色いですね

ヒメウズラの孵化
出た~こんにちは

ヒメウズラの孵化
壱号にも増してアクティブな弐号
勢いよく殻脱出

ヒメウズラの孵化
さっそく立ち上がろうとする弐号、元気だね~

ヒメウズラの孵化
さすがに疲れた様子

ヒメウズラの孵化
弐号は暴れ回らずじっとこちらを見ています

ヒメウズラの雛
賢そうな顔つきです

ヒメウズラの雛
この後やっぱり隣の卵にくっつきに行ったので、育雛箱に移動しました

で、夜になってこの記事を書いてる最中にもう一羽が孵化しまして、その参号を育雛箱に移動して戻ったらもうひとつヒビ拡張中の卵が←イマココ、って感じです。順調にいけば今日中に4羽になるかも?🐥🐥🐥🐥

🐤 そっけない♀隊員

先輩たちが可愛いヒヨコにどんなリアクションするか試してみました。

ヒメウズラのヒヨコと成鳥
まずはまめ師匠ですが、はじめ興味を示して育雛箱越しに
つついてましたがすぐ興味無くしたようですw

ヒメウズラのヒヨコと成鳥
ヒヨコの方がついて回ってます

ヒメウズラのヒヨコと成鳥
次はとくちゃんですが、ビビりまくってますw
とく『なに…?あれ…?』

ヒメウズラのヒヨコと成鳥
とく『うわぁこっちくるよ…』
大丈夫だってw ちっちゃいヒヨコだよ、可愛いよ

ヒメウズラのヒヨコと成鳥
とく『そ、そうかな…かわいいかな』
無茶苦茶へっぴり腰のとくちゃんでしたw

ハコたんにも見せましたが、一番フレンドリーで興味しんしんでした。とはいえ一緒にするのは危険なので、もっと大きくなるまではケース越しに対面です。

小さくてヨチヨチのヒヨコ、3週間位経って大人の羽毛が生えてくるまでは温度に要注意です。いや~3羽生まれてひとまず良かったです。🐣🐣

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング

第二分隊にマット支給 🐣

卵第一班を投入してから19日、第二班は15日が過ぎました。
前回の話↓
uzurabanashi.hatenablog.com

🐤 ドーナツ型マット🍩

第二分隊が孵化予定日2日前になりSir Limeyの自動転卵が止まりました、ヒヨコが生まれたときにプラスチックの床で足が滑らないように、滑り防止マットを敷きます。

ヒヨコの足滑り止めマット
これをSir Limeyの床に敷きます、波付き段ボール紙です

足滑り止めマットを敷いた孵卵器
敷いた上に卵小隊を配置します

生まれてまもないヒヨコが足を踏んばって立ち上がる時、床が滑ると股関節が開いてしまって脱臼状態になり、放っておくと立てなくなってしまいます。ヒヨコの部屋の床は足が滑らない素材でないとダメです。万一足が開いてしまったら、早期に正しい形に固定して矯正しないといけません。

腱外れ
180℃開脚のようになったりして立ち上がれません

腱外れ矯正
左図のようにスポンジに穴を開けて雛の足を通し矯正ギブスにしたり
右図のように足が開かないようテープで固定して矯正します

足が開いて歩けない状態をスプレーレッグと言うそうです、ペローシスという病気(栄養状態が原因らしい)で足が開いてしまう事もあるようです。

🐤 第一分隊一名除隊

第一分隊の2個は19日目ですが何も変化なし。低温孵卵のせいで19日と21時間で生まれた銀ちゃんが今までの最遅記録ですが、今回は正常な温度で孵卵しているので2~3日遅れで生まれてくる可能性は低いでしょう、て事でマット支給のついでに取り出す事にしました。
そして片方のかなり殻が薄そうな方の中身を確認してみると…

死籠りの雛
死籠りの雛がでてきました
※苦手な人も居ると思うので画像小さめです
なんと、望み薄だと思われた第一分隊の雛が孵化直前の大きさまで成長していました…まだ羽毛が少ない感じですが卵黄が殆ど体内に吸収されており、もう少しで殻を割って出てくるはずだったと思います、力が無かったんでしょうかね…。茶色い羽毛の可愛い雛でしたが元気な姿で会えず残念です、もう居ない他の隊員達と同じように庭に埋めて線香をあげました。もう片方の卵を開けてみる気力が出ず、第二分隊と共にSir Limeyに戻しました。
しかし低温輸送&初代フランキーのメチャクチャな動作不良を乗り越えて成長できたのは驚きました、第二分隊は元気に生まれてくれるでしょうか?

🐤 いつまで寒は戻るのか

昼間はちょっと暑い位ですが夜から朝方はまだまだ肌寒いです、日本北部では雪が降った所もあるようなので4月は油断できませんね。
もう寒くはないはずですが、一部隊員は潜りたがりを発揮しています。

靴下はまるヒメウズラ
靴下にスポッとはまってる人がいます
カメラ持って近づくと逃げちゃうんで遠くから

靴下にはまるヒメウズラ
快適そうに羽繕い中

靴下にはまるヒメウズラ
とくちゃんです、今日はスリッパでなく靴下にはまってます

靴下でくつろぐヒメウズラ
しばらくたって見たら移動してました

靴下でくつろぐヒメウズラ
兄貴のハコたんも靴下好きなので
靴下兄妹ですね

↓スリッパINはこちら
uzurabanashi.hatenablog.com
uzurabanashi.hatenablog.com
↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング

【ベルリン&ポツダム Part.1】ベルリンへ(チューリヒ経由)

秋の周遊↓ですっかりベルリンが気に入ってしまい、二カ月後の冬休みにも行く事に。
uzurabanashi.hatenablog.com

🎅 スイス チューリヒ経由でベルリン

この時のヨーロッパは100年に一度の寒波に襲われ、ロンドンやフランクフルトの空港は麻痺状態でした。果たしてスイス経由で無事ベルリンに到着できるのか?

機内食
いきなり食べ物からですがスイス航空夕食
日本発着だと麺出がちですね

機内食
朝食、麺ですね

チューリヒ空港
チューリヒ空港 美しい建築です

チューリヒ空港
クリスマスシーズンなのでこういう土産が多い

チューリヒ空港
チューリヒ空港
雨ではなく、何か洗浄液を噴霧中

機内食
軽食のサンドイッチ。見た目はハムと葉っぱだけのしょぼさですがパンもハムも激うま

テーゲル空港
ベルリン テーゲル空港に到着、雪が積もってます

今回はずっとベルリン滞在なので、自炊等して住んでる気分を味わいたいなと思いアパートの短期貸しを予約。貸し主と待ち合わせて部屋の鍵をもらう。最寄駅はNollendorfplatz
ベッドルーム
寝室兼リビング。間取りは1.5DKってところ

ダイニング&キッチン
ダイニング&キッチン

ガステーブル&冷蔵庫
冷蔵庫と自動で火がつかないガステーブル
いちいちマッチで点火

廊下&謎の小部屋
廊下と1.5DKのうちの0.5にあたる謎の小部屋
キッチンの横にあるドアを開けると出現

中庭
ベッドルームから見える中庭
中庭をぐるりと囲む作りの集合住宅が多い

部屋の住人が休暇等で部屋を空けるあいだ、人に貸して金を稼ぐ『Ferienwohnung(フェーリエンウォーヌング)』というのがあります。賃貸部屋のまた貸しってやつですが日本では賃貸契約時に大概禁止されてると思われ。一時期流行った民泊で問題多発してましたし、集合住宅に直接契約者以外を入室させるのはどうかと思いますね。ドイツは緩いのかなんなのか?良くわかりません。
今回のアパートは空き部屋っぽい雰囲気なので短期貸し専用物件のようです。

🎅 雪のベルリン市内

落ち着いてから市内散策に出かけますが、道路の積雪はけっこうな量で足を取られながらよっこらよっこら歩くのが大変です。ドイツとは言え12月に積もるほど雪が降るのは結構珍しいらしい。

テレビ塔
アレクサンダー広場近くのテレビ塔
雪に煙ってます


聖マリア教会
ウンター・デン・リンデン通りを西に向かいます

マルクスエンゲルス像
マルクス・エンゲルス
寒そうです、傘地蔵状態

ブランデンブルク門
ブランデンブルク門が見えてきました、大きなツリーがある
ここはまた後で戻ってきます

ポツダム広場
ポツダム広場駅まで歩いて来ました


Boulevard der Stars通り、雪で見えませんが海外セレブのサインの入った星形プレートが埋め込まれてます

ソニーセンター
ソニーセンターの入り口

ソニーセンター
クリスマス仕様になってます

フィルハーモニー
フィルハーモニー コンサートホール

新ナショナルギャラリー
新ナショナルギャラリー
新といっても1968年オープンです

新ナショナルギャラリー
建物と庭園にある彫刻はミース・ファン・デル・ローエ設計

市内ナショナルギャラリー
シンプルだけどゴツイデザインです

市内ナショナルギャラリー
彫刻です

市内ナショナルギャラリー
いくつかあります

ライヒスターク
ライヒスタークに来ました

ライヒスターク
正面の広場が真っ白です
人が少ないのは寒波の影響か、記憶が曖昧で日時を思いだせませんが、クリスマス当日(25日)だったからかもしれない
日本と違って24日午後~25日は店は全部閉まり人々は自宅で家族と静かに過ごします、よって街は閑散となります


ライヒスタークの隣の建物 Paul Loebe Building 政府機関です

ブランデンブルク門
再びブランデンブルク門に戻って来ました

クァドリーガ
てっぺんに乗っているクァドリーガです、格好いい
ベン・ハーのような四頭立て馬車を駆るのは勝利の女神ヴィクトリアです

クリスマスツリー
どでかいクリスマスツリーです、これはモミの木でしょうか
木で寝ているリスやフクロウまで一緒に連れてきてしまいそうです

基本的に旅は一人に限る派ですが、今回は珍しく同行者が居るためハプニング的な事は殆どありません。好き勝手に行きたい所に行き、時には休憩なし6時間歩きなど体力任せ旅が常なので、ある意味自由が制限された今回の滞在でストレスが溜まらない事を祈る。

→ 次回はクリスマスマーケットへGO!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村
旅行・観光ランキング

第一分隊止まれ 🐣

卵第一班を投入してから15日、第二班は11日が過ぎました。
前回の話↓
uzurabanashi.hatenablog.com

🐤 第一分隊のみ転卵を止める

第一分隊が孵化予定日2日前になったので転卵を止めたい、けど第二分隊基準で設定されているSir Limeyは止まらない、ので↓のようにしてみました。

ふ卵器の転卵回避処置

第一分隊の二つをそれぞれ容器に入れて、容器ごと置く
転卵を停止
ちょっと狭いがヒヨコが出てくるには十分のスペースかと

器内の温度が下がるので蓋を開けるのは今回と、第二分隊の転卵停止後にヒヨコの足滑り防止シートを敷く時だけです(フランキーからの引っ越しの時既に一度外に出てますね、あとは奇跡的に第一分隊が孵化した場合ですが…見込み薄)。
17日目が孵化予定日ですが、遅れを考慮して+3日間はSir Limeyのお世話になります。20日目が過ぎても変化がなければ諦めます。

🐤 ヒヨコの秘密道具

卵の殻の中にみっちり成長した状態でどうやって殻を割っているのか謎なんだよなぁ~。前屈みで片方の羽根の下(脇の下?)に頭を差し込んだ体勢のまま、クチバシの上部先端を殻の内側に当てて割っているんでしょうが…これで内周をぐるっと割る事出来るのか?鳥は首が良く回るから可能なのかな…割ってる最中の透視映像が見たいですね。

孵化直前のひよこ
卵の中の孵化直前のヒヨコ、水色の部分が気室
薄皮を破って卵の鈍端側(気室、ゆで卵のへこんだ所は気室の跡)
にある空気を吸うと肺呼吸が始まります

卵歯
ヒヨコのくちばしの先端上部には『卵歯』と呼ばれる小さい突起があり、
これを缶切りのように押し当てて殻を割ります。
卵歯は2~3日経つと無くなります。

缶切り
てこの原理ですな
今時缶切りが活躍するのは貯金箱くらい?

↓オシャレな缶切りを見つけました
ameblo.jp
100s.siso-lab.net

🐤 絶好調まめ師匠

またちょっと気温が下がりましたが、すっかり春モードの隊員たちはがぜん活動的です。まめ師匠も元気いっぱいで全然じっとしてません、さらに食欲も爆発中。

シナモン色のヒメウズラ
人間の上で羽繕い中です

シナモン色のヒメウズラ
師匠、体カキカキはいいですけど口にフケ?ついてますよ
まめ『えぇ?ついてないよそんなの』

シナモン色のヒメウズラ
フケじゃないのかな?でもなんかついてます
まめ『も~こまけ~ことはい~んだよ』

シナモン色のヒメウズラ
…やっぱ年取ってテキトーなってるな
まめ『あ~?なんかゆった?(ナデナデうっとり)』

シナモン色のヒメウズラ
まめ師匠のおけつ
やたらうごうご動いて落ち着きません

シナモン色のヒメウズラ
ピント合わないから少しはじっとして下さいよ

シナモン色のヒメウズラ
まめ『はるなんだから、かつどうしなきゃ!』
うーんそれ変態と同じ発想ですよw

シナモン色のヒメウズラ
まめ『へんたいじゃないぞ!』
はいはい、わかってますってw

シナモン色のヒメウズラ
なんか凛々しいまめ師匠です

シナモン色のヒメウズラ
と思えば急に迫りくる

シナモン色のヒメウズラ
大きい目がキラーンとして綺麗です

シナモン色のヒメウズラ
落ち着きのないまめ師匠
首を伸ばしたり

シナモン色のヒメウズラ
縮んだり

シナモン色のヒメウズラ
伸ばしたり

シナモン色のヒメウズラ
縮んだり

シナモン色のヒメウズラ
伸びて~

シナモン色のヒメウズラ
縮んで

シナモン色のヒメウズラ
伸び縮みが忙しすぎでしょw
まめ『とりのくびはよくうごくんだからしょうがないでしょ』

シナモン色のヒメウズラ
おっしゃる通りでございます、この師匠は富士山みたいに安定感ありますね
まめ『さいきんおなかすくから、もっとおやつちょうだいよ』

シナモン色のヒメウズラ
まめ『(首カキカキカキ)』
カキカキ中は目を閉じてます

シナモン色のヒメウズラ
他の隊員には内緒ですが、毎日オヤツをもらっているのはまめ師匠だけです
まめ『えっそうなの~?』

シナモン色のヒメウズラ
そうですよ~ 可愛い師匠は特別待遇ですよ
まめ『えっへっへ そういわれるとてれるなあ』

昨年秋の通院以来まめ師匠だけずっとVIPホカホカルームに居ますが、暖かくなってきたし師匠の健康も絶好調なのでみんなの居る元のケージにそろそろ戻ってもらおうかと思います。
uzurabanashi.hatenablog.com
uzurabanashi.hatenablog.com
uzurabanashi.hatenablog.com

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング