うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

流行病をぶっとばせ

スポンサーリンク

武漢パンデミック、広がってますね。噂では収束の見通し立たず、とか六月ごろには、とか色々ですが何もあてにならないですね。日本の初動の遅さと未だに『人権』を盾に『防疫』を否定する論がまかり通っている事に落胆せざるを得ません。国民の皆様は自力で防疫するしかない(といっても手洗いマスク位しかできる事はない)ので、観光地始め人の多い場所には極力行かない方が良いと思われますが...限界あるし、今更感も否めませんね😔
www.niid.go.jp
発生元に色んな説が出てますね、動物感染源、中国の細菌兵器開発、不潔すぎる環境汚染の産物 etc..
↓この記事、必読です
新型肺炎、来年、再来年も発生の可能性 - コロナウイルスを発生・拡大させる中国の衛生環境
jbpress.ismedia.jp
この武漢熱、今のところ鳥には感染しないようですが『コロナウィルスは変異しやすい』説も流れてますので、この上渡り鳥・野鳥が運んで来るようになった日にはかなり怖いですね。

シナモン色のヒメウズラ
手洗い・マスクが大事だってよまめちゃん!
『え~砂あびしかしないよ』

鳥インフルエンザ

鳥さんの大敵『鳥インフルエンザ』には家禽類(ニワトリ・ウズラ・七面鳥等)に感染すると爆発的に拡がり発症し死に至るものがあり、養鶏場が全滅したりするのはこいつのせいです。家禽以外の鳥は感染して発症しない場合もあり(水禽類は発症しない)、感染した渡り鳥・野鳥が広範囲に移動し家禽(糞も)に接触すると大量死を招く事になります。
www.mhlw.go.jp
今のところ鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスに有効なワクチンはまだ無いそうですが、将来的には出来るかもしれませんね、そうなると飼い主としては予防できるものならしたいわけで...

流行病の感染予防

家禽の流行病は鳥インフル以外にもいくつかあり、養鶏場などの鳥さんは予防のためワクチンを与えられているわけですが(投与方法は様々です)、こういう薬は『産業動物(牛・豚・鶏・馬など)』や『家畜衛生』が専門の獣医師さんが取り扱っています。いつも診てもらっているペット専門の動物病院にはありません。

じゃ~うちの隊員の予防はどうすれば?という素朴な疑問により、家畜の獣医師さんに聞いてみた事があります。

Q. うずら
🐤 例えば、うちのペットの小鳥が心配だからワクチン出来ませんかという場合、して頂く事って可能なんでしょうか?
A. 先生の回答要約
🐤 理屈としては可能だけど、システム的に実現不可能です。
🐤 最低100~200羽とかからになるよね。
🐤 外に出さないで、野鳥やその糞には気をつけてね。

という事で、まずはロットの問題と、業種が違う、という結論でした。
素人のあほな質問にとても丁寧に回答してくださって恐縮しました。
ペット鳥用ワクチンが出来て、ペットのお医者さんで扱われるようになるまでは、自宅で防疫対策ってことですね。

ごくごくたま~に自転車で外を走っていて野鳥のウ●チ爆撃を被弾する事がありますが、そういう時は帰ったらすぐ着てる服洗濯&人間はシャワー、してから鳥の居る部屋に入ります。チビ助ながらも立派な家禽の仲間ですので、全滅の危機には人一倍敏感にならざるを得ません、というかパンデミックの発生源になって付近の鶏さんらが全滅でもした日にはもう生きた心地しないと思います。😭

人間も鳥も、予防して身を守りませうぞ!😷

白いヒメウズラ
おうちの中でウィルス予防だね!
『ハコ入りウズラだから大丈夫♪』


にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング