うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

卵詰まる さらにその後&防寒対策

スポンサーリンク

銀さんは前回の話から現在まで殻のしっかりした卵を殆ど毎日ペースで生んでいます。状態が安定しているので、昨夜から皆がいるケージで寝るようにしてみました、かれこれひと月ぶりですね。ホカホカ病人箱より少し温度が下がりますが、普通に卵を生めるでしょうか?ドキドキです。
しかし、なかなか卵の冬休みに入ってくれませんね...。今年は動物病院にいく機会が多かったので、用心のため昨年よりもサーモ温度設定を高めにしておりかなり暖かいせいでしょうか。昨年の今頃は完全に休卵していた他の♀たちも、飛び飛びながらまだ生んでいるので、徐々に全休に入ってくれればな~と思います。

潜るヒメウズラ
フリース基地にもぐって頑張る銀さん 卵出たかな
週末、ヒーター熱が逃げないようケージに被せるビニールシートを購入。カットしているといつものように野次馬が次々とやってきます。ヒメウズラは好奇心がものすごく強く、全く馴れておらず普段は近づくと逃げる子でも、こういう手作業をしていると手元を覗きこみにやってきます。好奇心が警戒心を上回りすぎです。少なくとも我が家の場合は『Curiosity killed the king quail.』と言って過言ではないので、いわんやまめちゃんをや。手元を横切る邪魔者を掴んでは避け掴んでは避け...作業できません、じゃまだーどいてくれー!
ビニールシートをカット
透明ビニールシートを丁度良い大きさに
シナモン色のヒメウズラ
『どれどれ ちゃんとできてる?』作業チェックするまめちゃん
ヒメウズラのまめちゃん
チェックに飽きたのでくっつき虫するまめ氏『はやくおわってあそぼうよ』
これで防寒対策し、カルシウム不足はボレー粉と、病院でもらった「カルシウムの吸収を良くする薬」でサポートです。ボレー粉はミルサーでさらに微細にミルし、入念にえさに混ぜこんでヒメウズラが選り分けられないようにしています。粉が細かすぎて、これを部屋にぶちまけてライター点けたら粉塵爆発するかもです、撒きませんけど。以前は少し粉粒が荒く、ふりかけるのみで混ぜ工程をしていなかったので、避けられて十分に摂取されていなかったかもしれません。この二手間追加で効果が上がるか暫く観察です。
ヒメウズラ用の薬
強い味方の赤い薬 絵具のような匂いがします
午後銀さんが無事卵を生んでいました、殻もしっかりしています。重さ6g、いつもこの位ですがフォルムは丸っこい感じですね。
ヒメウズラの卵
銀さんの卵 しっかりしています
とんがった方の表面が少しデコボコしていて気になりますが、硬さは問題なさそうです。
ヒメウズラの卵
鋭角な方 表面が少しボコボコしています
この調子で正常卵→休止にスムーズに移行して欲しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへにほんブログ村 ウズラランキング