うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

長老ピンチ

スポンサーリンク

暑くなってヒメウズラ隊員達は絶好調、オヤツをあげるとエネルギー過多になるので現在オヤツなしです。みんなが大喜びのオヤツを止めるのは心苦しいですが、余分なエネルギーがあると♀隊員の卵スイッチが入ってしまいます。
ちょっと前までオヤツをあげていた所、長老半ちゃん先生に異変が...


ある日のこと、朝から一日元気にウロウロしていた半ちゃんが
夕方の体重測定をしようとしたらじっとして具合が悪そうです

これは卵がつまっている状態のように見えます、お腹を触ってみても固いものはありませんが張っている感じがします、柔らかい卵が入っているかもしれません。夕方なので慌てて動物病院に行き受付終了前に間に合いました。30分ほど待って順番がきて先生が半ちゃんのお腹を触診、やはり殻なし軟卵がお腹にあり自力で押しだせない状態でした。


先生がお腹を圧迫して、半ちゃんも苦しそうな顔で頑張り
しばらくして肝油ドロップのような色の殻なし薄皮軟卵がポロン
よかった~~!!半ちゃん命拾いしました

病院がお休みで一刻を争う場合、飼い主が何度か自分で圧迫排出した事はありますが、詰まった卵が殻なしだったり殻がすごく薄い場合、押すとお腹の中で割れてしまってきちんと摘出できないと命に関わるので、病院が開いているときは速攻で連れていかないといけません。


冷蔵庫を開けると『とうふかな!?』と
ヒメウズラ隊員たちの目がキラーンとなります

帰宅したら目パッチリで調子よくなった半ちゃん、せっかくもらった薬も元気にイヤイヤ攻撃、ちょっとクチバシに付いただけで猛烈にフキフキしていました😅 薬代かかってるんだから、ちゃんと飲んでくれよ~

殻なし軟卵はカルシウム摂取不足なのでボレー粉やカルシウム剤をゴハンに混ぜますが、隊員たちは目がとても良いのでうまい事よりわけて食べて十分にお腹に入っていかない事が多いです。そういう時は秘策『たっぷりボレー粉を練りこんだ豆腐』をあげます、これだとパクパク食べてくれるので、お腹に卵ができそう(or 柔らかいのがある)な時はこれでカルシウム強化できてしっかり固い殻の卵を生んでくれます。

しかし基本的には卵が作られないようカロリーをコントロールしたいですね、豆腐がないと隊員たちの人生の楽しみ半減wだと思いますが、長生きしてもらうためなので致し方ないです。涼しくなってもう少しエネルギーが必要になってきたらオヤツ再開しようと思います。

Youtubeも見てもらえると嬉しいです
www.youtube.com

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング