うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

雑記 野良猫譚

スポンサーリンク

最近ぐっと春めいて猫の恋の季節なんでしょうか、我が家の周りがニャオニャオにぎやかになっており、ふとある作家を思い出しました。

🐥 内田百閒『ノラや

家で生き物(特に猫)を可愛がった経験があれば感情移入必至であろうこのシリーズ。
内田百閒ノラや』と『クルやお前か』

百閒先生は小鳥を沢山飼っていて鳥の事を書いた本もありますが、これらは庭に入りこんで来た野良猫についての話です。

f:id:uzurabanashi:20210210173240j:plain
子猫の可愛さにやられたわけですな
ある日百閒先生の奥さんが水汲みをしていたら野良子猫がじゃれついて、邪魔だから持っていた柄杓で追い払おうとしますが、子猫は遊んでもらってると思い余計に大ハッスル、ぴょんぴょん跳ねて水瓶の中にドボン。百閒先生、ずぶ濡れで可哀相だからご飯でもやれ、と言ったが運の尽き?野良猫を文字通り猫っ可愛がりまっしぐらの『猫沼w』にずんずんハマって行きます。

野良子猫は『ノラ』という名前をもらって大変可愛がられますが、ある日庭の木賊の繁みを抜けて出ていって帰らなくなってしまいます。
悲嘆にくれた百閒先生はノラをあちこち探し、迷い猫探しのチラシや広告をたくさん出しますがノラは見つかりません。雌猫を追って旅に出たのか、あるいはノラの身に何か悪いことが…と心配してはボロボロ涙を流す百閒先生。はじめは大の男が猫の事でそんなに泣くかねwと少し滑稽に思いますが、どんどんこちらも悲しくなってきてついもらい泣き、となってしまいます。

内田百閒のノラ捜索広告
内田百閒のノラ捜索広告
大枚をはたいて新聞広告まで

f:id:uzurabanashi:20210210173304j:plain
こんな感じかな?
広告のまわりには迷い猫が帰るおまじないとして『たち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む』と在原行平の歌が書かれています。
歌の意味は↓このサイトの説明がわかりやすかったです。
ちょっと差がつく百人一首講座 | 小倉山荘

ノラの見た目は薄い赤の虎ぶちで白い毛が多くしっぽは長い、どこにでも居そうな猫ですが、ノラと呼べば返事をするし、百閒先生に可愛がられてとても人馴れしているし、よそでも気に入られて飼い猫になったんじゃないでしょうかね。

f:id:uzurabanashi:20210215110011j:plain
どうして居なくなっちゃうかねぇ
その後内田家には、ノラの兄弟じゃないかと思われるしっぽの短い野良猫がやって来て『クルツ』という名前をもらい、亡くなるまで百閒先生のもとで可愛がられます。その様子は『クルやお前か』にノラの思い出も交えつつ書かれています。ノラは帰ってきませんでしたが、代わりにクルツが幸せな猫生を全うできたので、百閒先生はクルツに随分慰められたんじゃないでしょうかね。
我が家では猫を飼ったことはなく、歴代の犬はちょっと脱走しても短時間で必ず帰って来ましたのでこんなに心配する事は無かったのですが、ノラがもし自分の飼い犬だったら…と思うとやはり滂沱の涙がちょちょ切れてしまうわけですw。

twitterで『ノラや』の文章をつぶやくbotを発見しました。百閒先生のユーモラスな文章を覗いてみて下さい。
twitter.com
はるか昔、学生の頃に好きで読んでいましたが久しく読んでおらず『おもしろかったよなぁ』という印象は残っていても細部はすっかり忘れています。これを機に読み返してみようと思いましたが、田舎の図書館は予想以上に蔵書が少ない…見つからないものはオンライン古本で購入しようかと思います。




芥川龍之介筆 内田百閒
芥川龍之介筆 内田百閒
このグルグルがw
百閒先生は旧字・旧かなにこだわって最後まで新字・新かなを断固否定し、原文は全て旧字・旧かな使いです。新字・新かなが主流になっても先生の遺志をつぎ、出版の際は原文のまま旧字・旧かなが守られていました。読み慣れないと最初は時間がかかりますが、この字体でこその百閒節というか、『らしい』感じがするのでご購読の際は旧字・旧かな版をオススメします。
内田百閒といえば三島由紀夫氏にも賞賛されていたりと、衒い無き美文のイメージですが、自分は面白いな~読んでて心地良いな~と感じるものを読んでいるだけで、文学の格や執筆の技術等はさっぱり解りませんので、なんやかんや語るのはおこがましいwですが、それなりに思い入れがあるわけです。

🐱 我が家の周辺の『ノラ』達

百閒文学を思い出させてくれた『ノラ』どもを少し紹介します。

グレーの猫
5年前の写真、この頃からほぼ毎日我が家の庭を通っていく猫です。
シャーシャー言うけど毎日来ます、つかず離れず
f:id:uzurabanashi:20210214220939j:plain
この頃は綺麗な若猫です、今は少し老けました

f:id:uzurabanashi:20210214220949j:plain
ちょっとは触れますが二度ノミをうつされたので
あまり触らないようにしています

f:id:uzurabanashi:20210214222419j:plain
開けとくとしれっと入って来ますが
ビビリなのですぐ出ていきます

f:id:uzurabanashi:20210214221012g:plain
人間が外に出ると逃げるので、戸のすき間からヒモで遊んでいる所
ヒモに大ハッスルですw

f:id:uzurabanashi:20210214221029g:plain
オレンジ色のはこの辺りのボスのアントンJr.です
他の♂を頭の上から威圧しています
ゆっくりこそ~っと逃げて行くサバ猫

オレンジ色の猫
どーすかこのアントンJr.の迫力ガンたれ顔w
完全にオッサンですね

他にも3~4匹うろついているのがいます。最近♂同士の戦いが頻繁になってますが、その中の一匹の黒い♂は子猫の頃から隣家のおじさんが可愛がっており、その黒猫と他の猫がモメ始めるとおじさんがいそいそ出てきて加勢をするのが常になっていますw
野良猫の寿命は2~3年だとどっかで見ましたが、うちを通るノラは5年以上生きているのできっと世渡り上手なんでしょう。病気せずいつまで元気にパトロールできるでしょうか?見た感じはあと5年はいけそうです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ
にほんブログ村

備忘録・雑記ランキング