うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

がんばるおばあちゃん達

スポンサーリンク

悪天候からの異常な冷え込みは脱出して、再び昼夜寒暖差の大きいパターンに戻ったようです。

🐤 最年長でもカクシャク

長老半ちゃん先生がちょっと体重が増え、しばらく減る気配がない...もしや...と思っていたら、ある日チョコンと良い卵を生んでいました。5歳を過ぎてもベストシーズンにはちゃんとスイッチONになる、おばあちゃんと呼んでいいのか迷うところですね。


あんまり生んで欲しくないけども、時々いい卵を生む
くらいなら問題なし、ずっと元気でいてくれよ半ちゃん

🐤 がんばったナナさん

二週間ほどホカホカルームで療養していたナナさんですが、天気が良くて調子の良い日はたくさん食べてフンもして、トットコ散歩したり出来ていました。しかし天気が崩れてぐっと気温が下がった日、朝から座ったままゴハンを食べず、病院に行った日のようにしんどそうになり、夜になってゴソゴソ動く音がしたので少し復調したかと思いきや、もう最期の力を振り絞って何かから逃げるように這っては転がっている所でした。
ホカホカルームから出してしばらく掌の中でだっこしてナデていました、苦しそうに息をして、時々全身に力を込めて伸びあがって頑張っていましたが、何度めかの伸びの後静かに天国に行きました。
最期まで本当によく頑張りました。


元気ないじわるばあさんでした
銀ちゃんとは面白コンビでした


これは生まれたばかりのナナさんです


足の指がグーになって開かない状態だったので
サージカルテープで指を開いて固定しています


この頃は普通に甘えん坊だったのに
まさか暴れん坊おばあちゃんになるとは


きょうだい達と行列


中ビナ時代、手前の色の薄いのがナナさん

人間にあまり慣れていない強くて暴れん坊のナナさんなので、だっこされて嬉しくなかったかもしれませんが、薬を飲ませる時にだっこして頭をナデナデしたら気持ち良さそうにしていた事もあるので、多少でも安心出来たとしたら良いなと勝手に思っています。
本当に最期の一瞬まで戦ったナナさんを尊敬します。

余談ですが、病鳥が天気が良い日は調子が上がって、天気が崩れると元気が無くなるのは気圧に関係あるのではと思いました。鳥の身体には気嚢をはじめたくさん空気を溜める場所があるので、気圧変化の影響は大きいのかもしれません。これは改めて調べてみたいと思います。

Youtubeも見てもらえると嬉しいです
www.youtube.com

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング