うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

島さんぽ

あっという間にGWも終わりですね、昨日からのUターンラッシュはまだ続いているんでしょうか。
うずら話は混んでる所は苦手&連休はどこも他所から来る車が多くて危ないので、近場にちょこちょこ出かけただけでした。

🌴のんびり以外の何ものでもない

日帰りで帰れる所にある小さな島に行ってみました。


港から小さい船で15分くらいの旅です


あっという間に着きまして


小さな島の真ん中にこんもり山があります


島をぐるっと一周徒歩50分くらいでいけるらしい
ですが、猪が出るとかでフェンスがしてあり
山の向こう側には行けませんでした


この辺りでかなり上手なウグイスがさえずっていて
動画で録画したのですがマイクがしょぼすぎて
風の音しか入っていませんでした...不覚


花もたくさん咲いていて


ビーチ的なものもあり


生き物はあまりいないようです


今時はヤドカリもめっきり見かけません


曇り気味だったので暑くならずに良かったです


左側に見えるのは大きなフェリーです

人口数百人の島で住宅は平屋が多く、ちょっと昔にタイムスリップしたようなレトロな雰囲気がいい感じでした。
島をぐるり散歩できれば良かったのですが、向こう側まで行けないので一時間ほどで歩きつくしてしまい、帰りの船の時間まで浜や山のベンチで昼寝などして時間潰し、これ以上ないくらいのんびり過ごせました。リゾートやアウトドアとは程遠いですが、なーんもない所もそれはそれで良いものですよ。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング

まめ師匠ハピバ🎂

GWですが2日はカレンダー通りだとお休みでない人もいるでしょう。春も過ぎたと思いきや朝方はけっこう気温が低くて、ヒメウズラ隊のヒーターもまだまだ活躍中です。
そして今日はまめ師匠の誕生日、めでたく5歳になりました!!半ちゃん先生につぐ大台です。いや~何度か病院に行ったりと、色々ありましたが元気でいてくれて嬉しいです。

🐤 一番小さかったヒヨコ

まめ師匠は5羽生まれた仲間のなかで一番小さいヒヨコでした。他の子は4~5gあるのに師匠は3g、卵の時点からちょっとサイズが小さかったと思います。みんなは毎日1gずつ大きくなるのに、師匠は4gからなかなか増えなかったりと、元気いっぱいではあるけど気になるヒヨコでした。そんな飼い主の心配など蹴とばして、きょうだいの誰よりも長生きしてくれて感無量です。
↓この他にもまめ師匠の話は選べない位たくさんありますね~
uzurabanashi.hatenablog.com
本当ならミルワームでもご馳走したいところですが、卵スイッチオンオフが激しいこの時期なので、いつもの豆腐オヤツでお祝いです。


誕生日なので久しぶりに人間の上でナデナデ中
富士山のような後ろ頭ですが、こっち向いてください


師匠お誕生日おめでとうございます!
まめ『ばーすでーけーきはあるの?』


ケーキはないけどお豆腐を用意してますよ
まめ『きょうはおおもりでよろしく!』


今朝の体重だと大盛り大丈夫な気もしますが
オヤツの量は卵スイッチと相談しますよ


久々のナデナデ満喫、自分でも羽繕いします


気温が低いので羽根を膨らませて
人間の手におしりを密着させる師匠


まめ『やっぱりナデナデはいいね~♪』
久しぶりにナデナデできて人間も楽しいです


しきりに羽繕いしています、羽毛がフワフワ


もっとナデナデしたいですがあまりナデると
卵がねぇ...誕生日なのに我慢我慢です


って妙にモッサリしてますけどいいんですかそれw
まめ『ん~?いいのいいの』


ナデナデを満喫して豆腐をがっつく師匠
元気いっぱいで若々しいなぁ~

半ちゃん先生もいつまでも可愛いですが、まめ師匠はさらに見た目が歳をとらないです、次の誕生日も変わりなく迎えて欲しいです。
↓師匠の他のエピソードも、良かったら見てください(他にもたくさんあります!)
uzurabanashi.hatenablog.com
uzurabanashi.hatenablog.com
uzurabanashi.hatenablog.com
Youtubeも見てもらえると嬉しいです
www.youtube.com

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング

連休のはじまり、路上で出会った生き物

☔ こんな所に?

GW初日ですがうずら話が居る地域はあまり天気が良くありません、お昼ごろ買い物に出かけましたが風が強く、ときどき小雨という感じでした。帰り川沿いの道を歩いていたら、道の真ん中に違和感のある物体が...黒っぽいゴムの切れ端かなと思いましたが、ちょっと気になってよくよく見てみるとアカハライモリでした。アスファルトの色が完全に保護色になっており、本人も縮こまってじっとしているので下を見てなかったら踏むとこでした。


曇りで薄暗いし、じっとしていると見つけにくい
※写真はイメージです
イラストAC

川があるとはいえ絶賛大規模浚渫中で濁流激しく、とてもイモリが住むような場所ではないし、周りは住宅街で田んぼやため池のようなものもなく...お主は一体どこから出てきたのだ。このままにしとくと車にひかれるのは時間の問題なので、とりあえず拾ってどこかに避難させる事に。掌だと熱いだろうからウィンドブレーカーのポケットに入れて避難先を考える。


こんな所に居たら危ないよ
※写真はイメージです
イラストAC

うずら話の家の庭に水盆でも置いてそこに入れたらいいかな、と思いましたが、よく考えたら野良猫が毎日パトロールしにくるのですぐ食べられてしまいそうです。家の中で両生類を水槽で飼う、はハードルが高くて無理だし...どうしよう、考えたあげく山のため池のそばの水たまりまで連れていくことに。徒歩30分くらいでそう遠くはないので、イモリがポッケで元気にしてるかチェックしつつ山へ。道中こんどは60cmくらいの蛇(種類はわからない)が路上で死んでいました、蛇を見るのは珍しいですがなんでまたアスファルトの歩道の真ん中で??猫にくわえて来られたか、人に踏まれたかわかりませんが不思議です。イモリといい蛇といい、この荒天で慌てて迷い出たか、あるいは両生類爬虫類にとっては絶好のお出かけ日和なのか?謎ですね。


大人しくて可愛い
※写真はイメージです
イラストAC

山の水たまり付近にはたくさん蛙がいて合唱しています、イモリの仲間がいるかどうか解りませんが、蛙が住んでいるしイモリが食べられるものもきっとあるでしょう。この水たまりは時々サギなどが獲物を狙っていたり、おそらく蛇のような敵もいるだろうし、イモリも楽ではなさそうですが車にひかれるよりはマシかと思います。農道の脇を掘った溝に水たまりから小さな流れが出ています、ここなら鳥に見つからなそうなのでイモリを置いたら、ノソノソ移動しているうちに小さな流れに乗って小さな藪のトンネルにつるっと消えていきました。イモリは泳ぎが上手なので大丈夫でしょう、うまいこと相棒を見つけて卵を生んで増えてくれたらいいですが。水たまりは夏場や雨が少ないと干上がることがありますが、すぐ近くに大きいため池があるのでピンチになったらイモリは自分で移動するでしょう。


スイスイ泳ぎます
※写真はイメージです
イラストAC

帰り道、山から木の枝を持ってきて路上の死蛇をひっかけて近くの藪の奥に投げておきました。アスファルトやコンクリートの上で生き物が立ち往生している姿は、あんまり見たくないですね。


仲間と出会えますように
※写真はイメージです
イラストAC

ほとんど田んぼ、それもかなり山奥でしか見たことがなかった自然のアカハライモリ、住宅街の道端で出会うとは思いませんでした。ほんとうに可愛らしかったです。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング