うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

卵ピット 二周目

スポンサーリンク

前回はマトさんが卵を生んで去った所まででした。

マトさんが去るとまもなく別の♀がやってきました。同じく膝に乗りたそうです。

膝に乗りたそうな白いヒメウズラ
モチモさんといいます
さっき一所懸命覗いていたまめちゃんが先客で膝の上にいます。
膝から下を見るヒメウズラ
『まただれかきたね』
マトさんはジャンプで跳び乗ってきますが、モチモさんは少し運動神経が微妙なのでよじ登ろうとしますが中々うまくいきません。
膝に乗りたいヒメウズラ
ここから登れますよモチモさん
膝に登ろうとするヒメウズラ
『よいしょ、よいしょ』
がんばって登ろうとするモチモさん
どうしても膝に登れないヒメウズラ
モチモ『とうっ!...ダメだ~』
まめ『ちょっとダイエットしたほうがいいんじゃない?』
羽根バタバタでもうちょいの所まで来るのに何故か登れない、多少太り気味なのは否めないモチモさんです...でも飛べるんだから本気だせば簡単そうなのに不思議ですね。暫く見ていたまめちゃんは飽きて降りていっちゃいました。
よじ登ろうとするヒメウズラ
『まめのやつ失礼な~ このくらい簡単に、よっ!』
登れないヒメウズラ
『...ダメだ~』
とてつもなくどんくさいですが、失敗しても諦めないモチモさん、さらに頑張ります。
膝に登ろうとするヒメウズラ
『今度こそ!とりゃぁぁーー!!』
おっいけるか?
膝に登るのを失敗したヒメウズラ
『...ダメだ~』
なんであそこまで登ったのに落ちるのか...
どうしても失敗してしまうようなので、軽く手助けします。
登って来る白いヒメウズラ
どんだけニブいんですかモチモさん、押さえとくからここから登ってください
『ヤッタ~!さんきゅ~』
卵を見つけるヒメウズラ
『!』
マトさんの置いていった卵発見
卵を抱くヒメウズラ
『よいしょ』
マトさんの卵を抱っこしようとするモチモさん
卵から離れてみるヒメウズラ
『...でも何かちがうかなぁ~』
離れてみるモチモさん
卵を抱くヒメウズラ
『まあいいか』
また卵の上に乗るモチモさん
落ち着くヒメウズラ
『ふぅ...』
一瞬落ち着くモチモさん
目を閉じるヒメウズラ
『...』
お、もしかしてモチモさんも
こっちを見るヒメウズラ
『ん?何か言った?』
いえ、お気になさらず~
方向転換するヒメウズラ
卵の上で方向転換、うごうごするモチモさん
卵を生みそうなヒメウズラ
『....』
モチモさんもいい場所見つけましたか
白いヒメウズラのお腹の下を見る
しばらくふんばっていましたが...ちょっと失礼、お腹の下を覗かせて下さい
卵が二つになった
じゃ~ん、卵が二つになりました~
卵を抱くヒメウズラ
見せてくれてありがとう
『だいじな卵だよ、せっせせっせ』
また卵をお腹の下に収納するモチモさん
ナデられるヒメウズラ
偉いですねぇモチモさん、自分の卵だけでなく人の卵も抱っこして
ナデられるヒメウズラ
ナデナデ~
立ち上がるヒメウズラ
と、誉めたそばから...
卵を置いていくヒメウズラ
モチモさん卵は~?
去っていって野菜を食べるヒメウズラ
『あとよろしくぅ~』
降りて行くときは素早いな😌そして野菜を食べるモチモさんであった
二つのヒメウズラの卵
そして、二個の卵は人間の元に
卵を生むとエネルギーを使うせいか、大体何かを食べに行ってしまいますね。ちゃんとした巣にあれば戻ってきてまた温めるかもしれませんが、銀さんの卵管癒着の件以来、我が家では抱卵による産卵停止は無しの方針です。

そうこう言っているうちにまた誰かが卵を生みに...は来ませんでした、ほっ。産卵は見ている方も緊張するので、なるだけ自分の部屋の中で生んでくれると助かります。


にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへにほんブログ村 ウズラランキング