うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

【ドレスデン&ベルリン Part.5】12月25日ベルリンの東ドイツ風ホテル

スポンサーリンク

前回はドレスデンを観光してベルリンに移動しました。
uzurabanashi.hatenablog.com
今回はベルリンで一泊します。

🎅 ドレスデンからベルリンに戻ってきた

歩き疲れで急行列車で一眠りしている間にベルリンに到着、19:00すぎ中央駅はまだ人がいっぱいで明るい。ドイツの冬は16:00ごろには暗くなって来るのでこの時間でももう「夜」という感じがします。


ホームに着きました


さよなら~またいつか乗りたいぞ


駅ビル3Fの天井に届きそうなほどの巨大ツリー

ツーリストインフォで明日から使用するWelcomeCard(乗り放題チケット)を買い、Sバーン(Stadtschnellbahn、都市高速鉄道)で今晩の宿のあるOstbahnhof(東駅)へ向かいます。
↓WelcomeCardはこれ
www.berlin-welcomecard.de

🎅 東ドイツ情緒あふれるOst HOSTEL

本日の宿は、旧東ベルリンのインテリアを再現したOSTELです。エントランスを入るとホテルクロークからOST(東)ワールド全開です、DDR博物館にあるような家具や家電が実際に使われています。日本でいうと60年代風とでもいいましょうか、そして受付のおねえさんが、美人!パンク!口ピアスにTATOOにゴス風の黒いメイクがキマっていてカッコいい。


たどり着いた~この建物、外壁の色から可愛い(暗くて解らんw)


Ost HOSTEL


うずら話の部屋はこんな感じ


電気の傘や壁の模様などが微妙にアジアテイスト
日本人だから?いや、単に安い部屋だからかな


昭和な感じ


む、あの写真は


ホーネッカーw

ドイツ民主共和国旧東ドイツ)の政治家。ドイツ民主共和国第3代国家評議会議長(1976-1989)およびドイツ社会主義統一党書記長(1971-1989)。


ダイヤル式の電話かわいい


これぞレトロという木目調プラスチックのラジオ


シンプルレトロモダンなセット


壁には東ドイツ時代の文化を思わせる絵や写真


このタンスも木目プリントのプラスチック


この額の写真は...


レーニンの巨大像


房のついたランプシェードもレトロですな


このラジオは点くのかな?スイッチON


ほわ~んと赤ランプが点きましたw

音楽チャンネルに合わせてみたら80年代ポップス&ラップMixtureみたいな番組でマイケルジャクソンが定期的に流れるのだった。嫌いじゃないですがせっかくここまで凝ったホテルなので、東ドイツ風の放送が聞けたら面白かったなと。


ベルリンのウェルカムカードとエリアABの乗車券


壁のハンガーに自分の装備をかけてみる
けっこう雰囲気マッチしてますねw


ファンタのペットボトルが違和感ない


ランドマークの平面イラスト


昔のポツダムでしょうか


文字盤に
Feuetwehr(消防署) 112
Volkspolizei(人民警察) 110
Rotes Kreuz(赤十字(救急)) 115
右下のボタンは何だろう?押す勇気はないw

共用シャワーは可愛らしい柄のシャワーカーテンでしたが、とくに東ドイツ風というわけでもなかったので写真は撮らず。
ここまで東ドイツ風を徹底していると他の部屋のインテリアも見てみたくなりますね。少し欲を言えば綺麗すぎでしょうか、もうちょい寂れ感というか、東の質素な感じが出せたらさらにいいんじゃないかと。
まだ22:00前後ですが、WelcomCardの冊子の割引情報を見て明日からの計画を考える位しかやる事なし、テレビもなくラジオも聞き飽きたので、ホッカイロを貼って(部屋の暖房弱く肌寒い)大人しく就寝しました。

↓Ostelの情報はこちら
ostel-hostel.hotel-in-berlin.org

🎄 2022のドイツのクリスマスマーケット(weihnachtsmarkt)情報

www.deutsche-weihnachtsmaerkte.de
japan.diplo.de
doitsutsu.com

もうすぐドイツのクリスマスマーケットが始まります、興味のある方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう。

→つぎはベルリン観光へGO!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村
旅行・観光ランキング