うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

[周遊Ⅰ Part6] ポーランド クラクフ → チェンストホヴァ

スポンサーリンク

前回はアウシュビッツを見学しました、次はクラクフに戻ります。
uzurabanashi.hatenablog.com
オシフェンチムから無事電車に乗り終点のクラクフまで約1.5時間、外はすっかり宵闇で景色も見えませんので、持ってる菓子類をかじったりウトウトしたりして過ごします。21:00過ぎごろクラクフに到着、さすがメジャー観光地、駅ビル内の大きなスーパーがまだ開いているので菓子類を補給し急いでホテルに向かう。

クラクフ中央駅
夜のクラクフ中央駅
ポーランドのスーパーのお寿司
お寿司パックもあります
駅のすぐ近く、徒歩1~2分の所にある(はず)のHOTEL ALEXANDER Ⅱ、すっかり夜なのでベルリンの時のように見つけられるか少し不安でしたが、ありました、闇に煌々と輝くネオン看板!(微妙に妖しげでもありw)夜は助かりますね~こういう看板。😊
ポーランドのホテル
HOTEL ALEXANDERⅡ 輝いてます
チェックイン予定時刻を大幅に遅れてはいますが、まあ大丈夫であろうと思いつつフロントへ、すると....どういうやり取りをしたか忘れてしまいましたが、平たく言うと『オメーの泊まる部屋は、無ぇ!※ホテルの方が言った言葉ではありません)』....うーむ、遅刻しすぎて他の人に部屋取られてしまったらしい....マジかー。フロントの人『ちょっと待っててね、今タクシー来るから』ん?何か手配してくれているようだが、良くわからん。暫くしてタクシーが来て『大丈夫だから、いいから乗れ』的に乗り込み、いやいやこれドコいくのよ...とドキドキで走ること体感5分(実際はもっと短かったはずです)でHOTEL ALEXANDER 前に到着。あっ、Ⅱがない方もあるんですね、という事でここの空室に振り代えてくれたらしい、助かった~。ここ、駅までちょっと歩きますが非常に快適なホテルでした、Ⅱは駅激近ですが線路沿いで列車の音が気になるという口コミがあったので、静かに安眠できて結果得したなと思います。
🐤 ホテル アレキサンダーのサイト
www.alexhotel.pl
ポーランドのホテル
綺麗な部屋です~
ポーランドのホテル
貧乏旅行人には勿体無い
ポーランドのホテル
さっそくシャワーを浴びたいぞ~ 丸い石鹸入れが可愛いな
ポーランドのスーパーの菓子
スーパーで補給した菓子類、もう今日はこれかじってすぐ寝よう
朝から動き倒しで疲れた体もシャワーを浴びるとリフレッシュしますね、きれいに整った部屋でスナックかじりつつ明日の予定を確認してから就寝、朝まで泥のように眠れました。
ポーランドのホテルの朝ごはん
翌日の朝食です、温かさが胃に沁み渡る~ウマ~
こういうシンプル朝飯が大好物です
ポーランドの街角の看板
食堂から持ってきたリンゴ、欧州のは酸味もあって美味しい
駅までの道端に極真カラテの看板が!お隣のロシア勢とか強いですもんね
クラクフ バルバカン
バルバカン(橋楼)を横目に
ちょっと早目にホテルを出まして、今日向かうのはチェンストホヴァという町(クラクフから北に電車で2時間)のとある美術館です、ここがこの旅の第一の目的地です。どんな美術館かは、後のお楽しみ?
クラクフ中央駅
朝のクラクフ中央駅
ポーランドの駅のホームへ
今日はペロン3です
ポーランドの電車
今日の列車はこれ、乗り過ごさないようにしないと
ポーランドの電車の座席
クッションのある座席が快適です
ポーランドの電車の切符
往復の切符
ポーランドのチェンストホヴァ駅
チェンストホヴァ駅
無事にチェンストホヴァ到着、天気は曇りがち、肌寒いですが一日歩きまわっていれば気になりませんね。駅周辺は大きな建物は目につきませんが普通に商店街などあります、ローカル観光地の雰囲気。
ヤスナ・グラ修道院の塔
はるか彼方に巨大なヤスナ・グラ修道院の塔
歩いても歩いても...遠い!
実はここチェンストホヴァは『黒い聖母』を祀るヤスナ・グラ修道院で知られ、各地から巡礼者が訪れるそうです。
ja.wikipedia.org
お目当ての美術館の開館までまだ少し時間があるので、ヤスナ・グラ修道院を少し見学する事に。丘の上の修道院に向かう途中の坂の辺りで、ロマの子供(幼稚園児くらい)が『1ユーロ1ユーロ』とついてきましたが、首を振ると去って行きその先には木陰に佇む老婦人。おばあちゃんと孫でしょうか、観光地のロマあるあるですね、あんまりいい気分はしませんが。
ヤスナ・グラ修道院
だいぶ近づいてきました
ヤスナ・グラ修道院
大きすぎて全体が映りませんね
ヤスナ・グラ修道院内部
中は金ぴかです
装飾や細工など細かくてすごいなと思いますが、宗教芸術に造詣がないのでその位しか感想が言えません。建築物としても日本の寺社仏閣の方が好きですし、金ぴかは好みじゃないです。
ヤスナ・グラ修道院内部
豪華絢爛、金ぴかです
ヤスナ・グラ修道院の黒いマリアがある祭壇
ご本尊の黒いマリア様は扉の向こう、今回はお目通りかないません
祭壇の裏側に拝む場所があり、皆並んでいたので自分も拝んできました
ヤスナ・グラ修道院の装飾
装飾がすごいですね
ヤスナ・グラ修道院内部
やっぱり金ぴかです
ヤスナ・グラ寺院の塔
外に出てきました
チェンストホーヴァの町の方角
町の方角を眺める
ヤスナ・グラ修道院の外
修道院の脇の広場に何やら大量のベンチが
ヤスナ・グラ修道院の外
公演ステージのようなものも
ヤスナ・グラ修道院の外
何のイベント用でしょうか
ポーランドのイベントのポスター
『国際モーターサイクルショー カティン・レース』的な事が書かれているようです
広大なヤスナ・グラ寺院の敷地内は色々なイベント会場にも使われているみたいですね。一通り見学しましたので、いよいよ待望の美術館へ!って、これはまた次の話で紹介します(引っ張っているわけでは御座いませんw これ以上は写真多杉なんで)

そして待ちに待った美術館、え....まじっすか?うそーん!😱
次のスポットへGO! →Part7へ
uzurabanashi.hatenablog.com
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村
旅行・観光ランキング