うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

[周遊Ⅰ Part1] ベルリンへ

スポンサーリンク

この旅の主目的は、①ポーランドに好きな画家の絵を見に行く事と②ドイツのモダン建築を見る事です。果たして私は目的を果たすことが出来るでしょうか?(実の所、メインイベントより想定外の出来事の方が記憶に...。)
ドイツは旅行の達人の友人の計画に乗っかって金魚のフン兼運転手として訪れ、ベルリンIN→夜行ミュンヘン→レンタカーで城など周り→フランクフルトOUTという行程を楽しんだ事がありましたが、それも随分前の話で記憶も曖昧な上、今回は初の完全単独行で大緊張でした。

機内食
KLMオランダ航空メシです、おいしいです
アムステルダム スキポール空港
アムステルダム スキポール空港、乗り換えてベルリン テーゲル空港へ

テーゲル到着21:50、外は真っ暗、バスでツォー駅(ベルリン動物園駅)まで20分程度で到着。予約のカイザー・ヴィルヘルム記念教会すぐ裏手のホテルを目指しますが...無い...印刷して来たGoogle Mapの印の所は、広場w。周辺を少し探すも、街中といえど日本のように街灯やネオン看板ピカピカではないので、素人には何がどこにあるのやら!?道を歩いている人も居ないし交番なども見当たらず、目に入ったオイローパセンター(ショッピングモール)に入ってみるが勿論全店営業時間外、どうすんだこれ...着いてそうそう早くも絶望感に...すると裏口の外に警備員らしき人影が、急いで行って印刷Mapを見せて場所を聞くと、「あっち側だね~」と来た方角を示された。ニコニコ親切な人で良かったが、結局元の場所に戻るわけで...って、見つけました、戻り方向の視界に入った薄暗く照らされたホテルの看板、Google Mapの印は位置がだいぶズレていたようです。とりあえず野宿は免れた...安ホテルですがフロントの老紳士も良い人で部屋も快適でした、現在は営業していないようです(寂)。

カイザー・ヴィルヘルム記念教会
ツォー駅近くのカイザー・ヴィルヘルム記念教会。左が到着時、右は翌朝
まずは朝一で国会議事堂(ライヒスターク)の屋上ドームを見に出発、遅く行くと入館待ち行列がすごくなるそうなので、会館前に着く算段。
ベルリン早朝
券売機のタッチパネルと早朝の中央駅のホーム
ライヒスターク
中央駅から国会議事堂(ライヒスターク)方面を望む。ライヒスタークの屋上ドームが見える
Berlin Hauptbahnhof
ベルリン中央駅のデザインもカッコいいです
Spree(シュプレー)川を渡り、連邦首相府を右手に見つつライヒスタークへ。
Spree川
朝日に光るSpree
Reichstag
来たぞライヒスターク
Reichstag Dom
待ってろよドーム
早く来たおかげで最初の入館グループとともにエスカレーターで屋上へ。この屋上ドームはもちろん後のせ、ノーマン・フォスター建築です。内部はガラスとミラーを使用し近未来的な雰囲気、内周に沿ってらせん状に登っていける通路が設置されています。
Reichstag Dom
わくわくします
Reichstag内部
ガラスとミラーでピカピカです
Reichstag Dom
下から見上げた図、らせん状の通路があります
Reichstag Dom
通路を登りつめ二階?にベンチがあります。左の女子に写真を頼まれた。
Reichstag Dom
ドームの天井部分、穴空きです
Reichstag Dom
二階から下を見た図
Reichstag Dom
らせん通路を戻ります
Reichstag Dom
面白い建物です
Reichstag Dom
似たような写真だらけです
Reichstag Dom
いいわ~
Reichstag Dom
何かユーモラスでいいですね
Reichstag
外はすっかり深い霧
Reichstag
見学終了、地上も霧がたちこめてます
10月中は天気が変わりやすく、霧も多いようです。日没が早く17:00には暗くなりますので、実質五日間の滞在では必然的に早起き詰め込み観光になります。
Reichstag
これから見学の人が並んでいます、まだ序の口っぽいです
Reichstag / Paul-löbe Haus
ライヒスターク入口と隣の議会会館の一部
見たかった建築物をひとつクリアしました、次のスポットへGO! →Part2へ
uzurabanashi.hatenablog.com
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村
旅行・観光ランキング