うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

ケンケンまめ師匠

スポンサーリンク

朝猛烈な勢いの風が吹いていましたが、台風一過でいまはしーんと静か、気温も下がりなんだか寂しい感じがします。

🐥 怪我は治った?けど...

まめ師匠が右足を怪我して一カ月が経ちました。元気でご飯もオヤツもよく食べますが、負傷の足の方はつま先だけつく感じで、移動は片足ケンケンになっています。


病院に行くときの通院箱のなかの師匠


しゅっと立っていますが、片足です
反対側の足は見えませんがつま先だけついてます


前から見るとこんな感じ


体が健康なので安心ですが、足が悪化しないかが心配

師匠の右足の怪我のいきさつは、目にみえないくらい細い糸の繊維が足指先に巻きついて取れなくなり、病院で糸を取ってもらったのですが、だいぶ食い込んでいたため暫くして指先が黒くなって落ちてしまいました。黒い部分が落ちるまでわりと元気に動きまわっていたのですが、傷口からバイ菌が入って膿んだか何かしたらしく、右足をしっかり踏みしめると痛いようであまり右足を使わなくなりました。
ずっと抗生物質と痛み止めを飲んでいましたが、良くも悪くもならずこの状態で安定したようだという事で抗生物質は止め、痛み止めだけになりました。


前のように走ったり跳んだり出来ない師匠
せめてナデナデを...と思ってカメラを向けたら


新しいスマホの何かが怖かったようで
すごい勢いで逃げたくるので
手の中に隠れている所を撮る


少し離れてからしか撮れない、何が怖いんだろう...

別の日の通院箱のまめ師匠、待合室で一時間半くらい
待つので水入れも持って行きます


鼻の下にご飯の粉がついてますが
足でカキカキできないので綺麗によごれが取れません

♀隊員が産卵前に足を跛行する事が時々あるのでそのせいかと思っていましたが、よーーく見ると本当に細い、光を当てるとわかるくらいの蜘蛛の糸のような繊維が絡まっていました...一体何の繊維なのか?布浴び大好きなまめ師匠なので、タオルか何かから出ていたんでしょうか...。
早期発見できていれば指を無くさずに済んだのに、全て飼い主の責任です...😢。人間と一緒に住んでいると余計なものが身の回りにあるので、こういう事故が起きてしまい本当に申し訳ない限りです。
これ以上悪化せず元気でいてくれれば良いですが...まだ心配ですね。

Youtubeも見てもらえると嬉しいです
www.youtube.com

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング