うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

目が、目がァア!(しむしむ)

スポンサーリンク

鳥の首は骨の数が多いのでよく回ります。ヒメウズラの頚椎は14個人間の二倍もあるのでそれはもうろくろっ首ばりに自在ですが、自由に動く脊椎は頸椎と尾椎だけです。鳥の骨格や骨の構造は空を飛ぶために徹底的に軽量化されており、骨同士を癒着させて周囲につく筋肉量を減らしていたり、骨の内部が空洞だったり、歯を無くしてくちばしを装備したり~etc.と恐るべき高性能です。我が家のトテトテドタバタ走り回っているヒメウズラ隊には勿体無いような?
(参考【頚椎の数】鳥類 11~25 / 爬虫類 8 / 哺乳類 7 / 両生類 1 / 魚類 0)

ある日、よく回る首のおかげで驚いた事件発生。さっきまで部屋の向こうで元気に遊んでいた子が、しょぼくれた様子でこちらを見ているのでどうしたのかと近づくと、目が開かない感じでショボショボさせています。
こんな急に具合が悪くなるとは何事?ともっとよく見ようとした所、すごい勢いで首を左右に振り...というか体に沿ってぐねらせ始め、今まで見たことのない異様な動きに人間動揺。「どうしたーーー!?!!!😱」(怖)
突然の事で当然写真などありませぬので、イメージ再現しますと...

首を左右振るヒメウズラ
『うわあ――!!!』という感じで必死です。3ぐねり/秒くらいの速さ。横から

横からの図だと少し解りにくいので、前面からだと...

左右に首を振るヒメウズラ
『うわああ――!!』すごい角度で首が後方にぐねります。何この生き物って感じです。

さらに後方からですと...

左右に頭を振るヒメウズラ
『うわあああ――!!!!』と体に頭をこすりつけてる感じ

さらに、ってもういいですね、これ以上どう説明したらいいか解りませんがとにかくもう奇怪な動き。もしや何か脳に異常が起きての発作では!?など瞬時にぐるぐる考えていたらふと視界に矢印の先の小さな物体が...。
「あ、もしかしてこいつマルカメムシ(Wikipedia)の仕業...ていうかコレ食べようとしたオチ?」

マルカメムシ
こいつ
はい、食いしんぼさんが調子に乗ってカメムシ食べようとしてオナラ攻撃をくらった模様です。おバカさんかっ!心配して損しましたガッデム。鳥は嗅覚は鈍いのでおそらく刺激があるんでしょう、顔にかかって目に入ったオナラガスを体で拭きまくっていたと...やれやれだぜ...。しかしあまりの悶絶ぶりに濡れタオルで顔を少し拭いてみましたが、目に入ったぶんはどうしようもないので...暫くの間は沁みるのか目しょぼしょぼさせていました。
甲虫類はこういう事があるので相対する鳥は慎重になると何かで見たけども...気にせずパクーといったんでしょうね、カメムシのオナラ攻撃にやられた動物、初めてみました😅。こうやって学習していくんでしょうか。
白いヒメウズラ
もうカメムシ食べないでね⁉『...食べてないでぇす(結果的に)』

また別の日の出来事。スナック菓子を食べていたら甘えっ子さんが足をつついてくるので、掌に乗っけてナデナデ頬ずりなどしていた所、突然ワタワタ→顔面ケリケリして飛んで逃げてしまいました。何ぞ!?と思ったらいつかの怪しいぐねり首運動をしています、何で.........あっ💡今食べているのはカラムーチョでした。私の口からトンガラシ混じりの呼気がヒメウズラの顔面に直撃してしまったようです (^o^; 暫く目をしょぼしょぼさせていました、ゴメンよ~!

ヒメウズラの顔
『なにをするだァァ~ッ!💢』す、すいませんでした~💧


にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへにほんブログ村 ウズラランキング