うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

師匠アダプター

スポンサーリンク

なんと10月は2回しかブログを更新しないまま終わってしまっていました...書きたい事はあったのに気力が出ませんでした、今月はやる気を取り戻したいと思います。

🐥 一人で食べられるかな

足の立たないまめ師匠ですが、体重は増えないまでも具合が悪そうな事はなく一応元気に過ごしています。
↓前回のまめ師匠はこれ
uzurabanashi.hatenablog.com


座って日光浴中の師匠

師匠は人間が介助しないとゴハンをうまく食べられません。師匠が座った場所の側にゴハンを撒いておくとついばんで食べる場合もありますが、座っている体勢によっては全然ついばむ事ができません。
人間が手伝う時間がないと食べる量が減って痩せてしまうので、師匠が自力で食べられるよう出来ないか対策を考えることに。

立ってゴハンをついばむ角度の姿勢に師匠を固定出来れば、クチバシが届く範囲にゴハンを置いて自力で食べる事が出来るはずです。


師匠をハンモック式で持ちあげるための『師匠アダプター』作成開始


木の枠に布のハンモックを付ける
この初代ハンモックは生地が
伸縮せずイマイチでボツに


二代目ハンモック
師匠の身体を支える部分をタオル地にしました
足を通す穴がふたつ開いています


とりあえず完成したので師匠をセット
前に倒れないようにたすき掛けで肩を支えます


苦しくないようにゆるく作っているので
師匠が激しく動くと抜けられます


目の前に設置されたゴハンを上手に食べる師匠
師匠が立ってゴハンを食べる姿はいつぶりでしょうか...

足に負担がかかって痛くならないように、軽く床につく位に体を持ちあげています。がっちり固定されているわけではないので、微妙に体勢が変わると食べづらくなりますが、人間が居ないと食べられない状態より格段に改善されました。

今のところこのアダプターが師匠に悪影響を与える事もなく、ゴハンをコンスタントに食べられるので体重をキープ出来ています。筋肉が落ちて痩せてしまった師匠にとって1gの体重変化も大きな変化なので、これ以上減らないよう頑張らないといけません。


歯ブラシでブラッシング中はけっこう
気持ち良さそうにしています

動けなくて可哀そうな師匠ですが、日光浴やブラッシングで気持ち良さそうにしているのを見ると、出来るだけ快適に過ごして欲しいと思います。

Youtubeも見てもらえると嬉しいです
www.youtube.com

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラランキング