うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

告廣聞新正大治明 ロトㇾ

スポンサーリンク

タイトルを右横書きにした手前本文もやるべきかと思いましたが、読む側からすると只の嫌がらせになりそうなので断念致し候。
(🐥 さかさ変換 - このサイトで右横書きにすぱっと一発変換♪ 他にねこ語、マロ語などにも変換できます。すごい。)

なぜタイトルがおかしな右横書きかといいますと、我が家の触らずの間にある以下の物体...

f:id:uzurabanashi:20200609194215j:plain
これは一応『本』、というかご先祖がタブロイドサイズ新聞のある連載小説だけを集めて、何かの厚紙を表紙代わりにして紐で綴じたお手製本らしいです。自作の表紙に手書きで題名が書かれていますが、この小説は黒岩涙香の翻案小説『巌窟王』です、この文中に載っている広告がなかなかレトロ味深いものばかりなのでご紹介します、たくさんあるので分類してみました。

時計・オーディオ楽器


f:id:uzurabanashi:20200609215224j:plain
腕時計のお店ですが『白金側 ¥95.00以上』などの
意味がわかりません、時計用語でしょうか

f:id:uzurabanashi:20200609215241j:plain
同じお店の中元大売り出しだそうです
お中元に時計を贈るというセレブ感
この天賞堂さんは現在も営業中
www.tenshodo.co.jp
f:id:uzurabanashi:20200609215307j:plain
時計、貴金属、宝飾品全般

f:id:uzurabanashi:20200609215250j:plain
『夏のご旅行には是非蓄音機を』!?
蓄音機って携帯できるサイズだったのかな...

f:id:uzurabanashi:20200609215319j:plain
ドイツ製ラッパ無し蓄音機
小林乙女堂て店名の可愛さ

f:id:uzurabanashi:20200609215348j:plain
『薄利多売』『親切第一』良心的そうです

f:id:uzurabanashi:20200609215359j:plain
写真館で撮る秋の写真はどんなものだろう
『電話青山1242』電話番号たった四桁ですね

f:id:uzurabanashi:20200609215415j:plain
『銀座の蓄音機屋』ストレートな店名です
マニア志向のお店っぽいですがイラストが可愛いです

f:id:uzurabanashi:20200609215425j:plain
家庭用活動写真機 『ヒルム』っていいすね
これは珍しく左横書きです

f:id:uzurabanashi:20200609215456j:plain
これも十字屋さん

f:id:uzurabanashi:20200609215503j:plain
これも十字屋さん、『スタンウェッヒピアノ』ていいすね、ドイツ語感溢れてます
(でもピアノは独語でKlavier)

f:id:uzurabanashi:20200609215448j:plain
エンホニコンというメーカーでしょうか
ハーモニカですね、これも左横書き

銀行・保険


f:id:uzurabanashi:20200609215541j:plain
お預けお引き出し共に手数料なし、良心的です
銀行変遷史DBに載っていました

f:id:uzurabanashi:20200609215550j:plain
有隣生命保険株式会社
1894年に由利公正が設立

医薬品


f:id:uzurabanashi:20200609215619j:plain
皮膚保全撒布薬 アセモ、タダレに効くのか

f:id:uzurabanashi:20200609215626j:plain
東京西瓜糖とは一体....
漢方の一種のようですが

f:id:uzurabanashi:20200609215634j:plain
大川吸入器で何を吸入するのだろう
大川式と指定しないと類似模造品があるようです

食料品


f:id:uzurabanashi:20200609215809j:plain
即席カレーがロンドン土産だったとは

f:id:uzurabanashi:20200609215818j:plain
衛生棒鱈、日米水産は現在の五十嵐冷蔵だそうです

f:id:uzurabanashi:20200609215728j:plain
宮内省御用達だそうです
現在も営業しています

f:id:uzurabanashi:20200609215744j:plain
ヒゲタ醤油の違うバージョン
f:id:uzurabanashi:20200609215753j:plain
一升瓶一本につき手拭い一本ついてくる、かな?

f:id:uzurabanashi:20200609215905j:plain
飲料界の権威、三ツ矢サイダーに統合されて製造が打ち切られたそうです

f:id:uzurabanashi:20200609215925j:plain
現在の横山香料株式会社のようです

f:id:uzurabanashi:20200609215933j:plain
これはどういう飲料なのかよくわかりません

f:id:uzurabanashi:20200609215940j:plain
宇治かほる、ってまるで人名みたいですね(と思ってググったら芸能人に居た😂)
森永と提携したりしたようです

美容・ファッション


f:id:uzurabanashi:20200609220015j:plain
香油って何に使うんだろうか、商品名読めません

f:id:uzurabanashi:20200609220023j:plain
髪をセットする時につけるようですな

f:id:uzurabanashi:20200609220029j:plain
オンリークリーム、過酸化水素入り、美白あれどめ
過酸化水素ってオキシドールの事ですね

f:id:uzurabanashi:20200609220044j:plain
『尊き菊のかほり』のポマード
背景は菊のシルエットなんですね

f:id:uzurabanashi:20200609220050j:plain
ヘチマコロンて今もありそうですね
三段抜きの強気広告です

f:id:uzurabanashi:20200609220104j:plain
『呉服』って響きが良いですね
現在の東京・銀座の松屋らしいです

f:id:uzurabanashi:20200609220112j:plain
呉服店は横浜発が多いんでしょうか
後の横浜松坂屋

f:id:uzurabanashi:20200609220119j:plain
裏表紙一面にミヤコ香油、売れてたんでしょうね
柳下商店の現在は不明

設備家電


f:id:uzurabanashi:20200609220322j:plain
木製っぽいですね、五右衛門風呂?

f:id:uzurabanashi:20200609220333j:plain
いわたに、ではなく『いわや商会

f:id:uzurabanashi:20200609220340j:plain
マルエム商会、健在です

番外

f:id:uzurabanashi:20200609212833j:plain
広告が埋まら無い事もあるんですね
f:id:uzurabanashi:20200609212935j:plain
最終話の社告下の広告、カルピスのコピー
『特に妊婦と少年と結核素質者との営養』
カルピスには栄養があったのか

萬朝報『巌窟王黒岩涙香 について

明治大正期に黒岩涙香が創刊した日刊紙『萬朝報(よろずちょうほう)』は日本のゴシップ報道のパイオニア、権力者のスキャンダルを徹底追及したそうです。ポリコレなんて一切ない時代ですから相当刺激的だったでしょうなw

以下シリーズ第一話の表紙から中身(ストーリー以外)を少し紹介します。

f:id:uzurabanashi:20200609201024j:plain
シリーズ第一話の表紙

f:id:uzurabanashi:20200609201329j:plain
右側に『(明治二十五年十月三十一日第三種郵便物認可) 大正十三年三月二十三日萬朝報第一万一千七十六号付録』とあります

f:id:uzurabanashi:20200609201433j:plain
巌窟王を読む人の為に』何か事前情報的なものですかね

f:id:uzurabanashi:20200609201547j:plain
話の表紙の絵も巌窟王な雰囲気です

f:id:uzurabanashi:20200609201533j:plain
話の最後にいつもこういう風に広告が入ってます

f:id:uzurabanashi:20200609211111j:plain
この絵にはなぜか先祖の手書き微修正が入ってました
顔の所が薄くなってたのかなw

f:id:uzurabanashi:20200609211001j:plain
印刷がヨレヨレの所も所々あります
今なら猛烈にクレームはいるやつですよ
f:id:uzurabanashi:20200609211438j:plain
これなどもインクがはみ出していますが、ドンマイ
恐ろしく小さい活字です

f:id:uzurabanashi:20200609212511j:plain
最終話の前の話で次の連載『人の運』の告知が、面白そうです

f:id:uzurabanashi:20200609212646j:plain
と思ったら最終話のあとがきにて撤回、何があったのか

これを綴じた先祖は多分大人だと思いますが、テレビラジオもろくに無い時代の読書は貴重な楽しみだったでしょう、おそらくいずれ子供やその子孫の読み物にと思って取って置いたんじゃないでしょうか。
ま~しかし明治大正昭和平成!の時を超えたこの巌窟王、活字が小さくて大変ですがぼちぼち読んでみようかと思います。

ここ4~5日のあいだ右肩甲骨の裏?に猛烈な凝りが集中し、ペンタブに右手を走らせるどころか軽く前のめりになるのもしんどい有様であらゆるPC作業が滞っています。週末作業たてこみ&普段の姿勢の悪さ&なんか寝苦しい気候&鳥の心配、の波状攻撃によりダメージが大きいです。ストレッチや低周波治療器で回復を図っていますが、この凝りの野郎、なかなかしぶといので困ったもんです。集中するとどうしても猫背+首が前に出てしまいます🐱、普段から変な負荷のかからない作業姿勢を心がけないといけませんね...。(これ打ってる間もジワジワ来るなあ~😭)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒岩涙香全集 5作品(幽霊塔、無惨 ほか)【電子書籍】[ 黒岩涙香(Kuroiwa Ruikou) ]
価格:99円 (2020/6/9時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 日本探偵小説全集 1 / 黒岩 涙香, 小酒井 不木, 甲賀 三郎 / 東京創元社 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】
価格:744円(税込、送料別) (2020/6/9時点)

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ
にほんブログ村

備忘録・雑記ランキング