うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

雑記 戦争のこと

スポンサーリンク

ウクライナ侵攻が6日目?に入ろうとしていますか...地続きの国同士で戦争になるなど考えただけでぞっとしますね...。
ウクライナが徹底抗戦するのは当然の事ですが、欧米や日本の動きは本当に遅いですね、やっとこ積極的支援を始めた感じでしょうか?アメリカなどは日本を矢面に立たせようとしているようですが...。

↓各国で戦争についてのニュースを24時間やっています。日本のテレビ局のニュースを見るより、実に緊迫した空気が伝わってきます。

アメリカCNN
www.youtube.com

○英国放送 BBC
www.youtube.com

○ドイツの公共放送 ARD
ドイツ在住のウクライナとロシアの出身者、ルーツがウクライナとロシアのドイツ生まれの人へのインタビューなども。
www.youtube.com

ポーランド Telewizja wPolsce
www.youtube.com

○フランスのFRANCE 24 English
www.youtube.com

我が国は覚醒するか?

...うずら話の家族親戚先祖にも戦争体験者は居りました。
大陸で敗戦を迎え、住居を収奪され狭い小屋に大家族で避難し、略奪の限りをつくす敵兵の訪問に怯え、女は押入れに息を殺して隠れていたそうです。ある日とうとう4~5人の敵兵が現れ、彼らは両腕に略奪した腕時計を無数にしていたそうです、そのグループにたまたま女性兵士が一人居たおかげで女は乱暴されずに済んだそうです、悪名高い露○の兵隊も、同胞女性の前でケダモノのようなふるまいは出来なかったのだろうと言っていました。
他には指揮官として大陸前線で戦い敗戦を迎え運良く帰国出来た者もいましたが、国に帰っても長いこと抜け殻のようになっていたそうです。原爆投下の焼け跡を見て、精神的に不安定になり病院で一生を過ごす事になった者もいました。昨年に亡くなった向かいの家のおじいさんは、シベリア抑留の生き残りだったそうですが、その当時の話は亡くなるまで一度もしなかったそうです。どんな地獄を見たのか、思い出したくない、想像を絶する悲惨さだったのでしょう。
www.kantei.go.jp
www.nikkei.com
独裁国家の無法者らをこれ以上絶対にのさばらせてはいけません。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村
旅行・観光ランキング