うずら話 - ヒメウズラの生活

と鳥に関する雑学、たまに旅のエピソードやレトロな話などのんびりと

熱帯の鳥

スポンサーリンク

ヒメウズラは体長10cm前後、体重45~65g、イメージとしては…キウイフルーツくらいの小さい鳥。キジやニワトリの仲間で主に地面で生活しますが、100m(水平距離)くらいは一息に軽く飛ぶことが出来ます。年間を通して温暖な地域原産(東南アジアからオセアニアまで)の為、寒さや急激な温度変化に弱いです。
日本列島には、普通のウズラ(いわゆる『ウズラの卵』をうむ)の野生種が、渡り鳥として生息していますが、ヒメウズラは愛玩鳥として飼育されているのみです。石垣島あたりなら野生でも生きられる?と思ったが過酷な自然環境で気温が20℃を下回る事があると厳しいのかな…温暖化が進み年間平均気温がシンガポール並 (高 / 低) 32° / 25° になれば可能ですね。日本でも庭で放し飼い出来…でも四季の無い日本は嫌だなあ。
そんな訳で、夜間や朝方が涼しくなる9月ごろから鳥ケージにヒーターを入れています、夏季でも雨続きで気温が下がる時はヒーターONです。『こんなに羽毛に覆われてるのになんで寒いかね?』と言われますが、覆われてる本人にとっては夏服程度の保温効果しか無いのかもしれません。

ヒメウズラ
こんなにフワモコなのにねぇ…羽毛布団て言うじゃない?
白いヒメウズラ
『しょうがないでしょ寒いんだから』
今のところ台風の気配は全く感じられませんが…
明日は『即位礼正殿の儀』です、天候に影響されず滞りなく執り行われますように。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルカン 保温電球 40W カバー付き 関東当日便
価格:2454円(税込、送料別) (2019/10/23時点)


にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへにほんブログ村 ウズラランキング